<< 2015年我が家の重大事件 | main | 2015年重大ニュース >>
慰安婦を売春婦となぜ言えない


2015年も終わろうとしているこの最中に最悪のニュースが飛び込んできた。
私はいわゆる慰安婦問題の解決をめぐる合意である。

いうのも面倒だけど、阿鼻叫喚の強制連行は吉田の与太話で、それを広めた朝日新聞も認めている。
あるのは、古今東西ある売春施設で慰安婦は売春婦。(それが基本事実)
彼女たちは、その都度お金を貰っていたわけで、それに加えて償い金の請求が意味不明。

驚いたのは、日本は「反省とお詫び」を朴大統領に表明して責任を認めちゃった。
これは、どんな言い訳をしようが、国際社会は日本の強制連行を認めたと思われてもしょうがない。
安部首相のバカチンは、「これによって次世代の子供たちに謝罪はさせない」みたいな発言をしているが、そもそも私たちの祖先は韓国に謝罪するようなことはしていない。(キッパリ)

じゃ〜どうする。いわいる慰安婦問題は解決しないことこそが解決。
尖閣諸島をめぐる領土問題と同じで、
日本側が解決を打診するということは、中国に譲歩する用意がある。--ということ。
絶対に解決できるという自信があればあるほど、日本側の譲歩が大きいことを意味しているわけでしょう。

慰安婦問題もそれと一緒。
岸田外相が自信満々に慰安婦問題の解決の命を受けてソウルに向かったときから、嫌な予感はしていた。
韓国側の譲歩とは、嫌がらせの像を撤去するというだけの話。正直それすらも怪しい。
もう慰安婦問題は口にしません!政権が変わればコロリと変わるのはいつものこと。

日本政府がやることは、視点を韓国ではなく、国際社会に向けて正しい情報を発信すること。
世の中には、一方の話だけを聞いて沙汰するもんです。

JUGEMテーマ:ニュース


 
Posted by : kitaoka | 政治社会を考えた | 11:29 | comments(0) | -
コメント









TOP