<< 脂肪肝と医療保険 | main | 代理店目線でみた保険会社 >>
「永遠の0」は戦争の不条理ではなく、日本の構造を描いた小説だ
評価:
百田 尚樹
講談社
¥ 920
(2009-07-15)
コメント:これは、戦争の悲惨さをテーマにした小説では断じてない。その意味で左も右も与していない。特攻という狂信的行為を狂信的な愛国心で説明していない。そうしなければならなり「空気」と不条理な構造への問いかけだ。それは現代日本にも通じるものではないだろうか?「祖父は&

JUGEMテーマ:日記・一般
 久しぶりに、一気に読めた。
本書を戦争の悲惨さをテーマにした小説ではない。
もちろん、戦争小説でもない。

特攻や人間魚雷・・。
こんな馬鹿馬鹿しい不幸をアメリカもドイツも経験していないよ。
特攻は建前は志願だが強制だ。
そうしなければならない空気が彼らを追い詰めた。

日本軍は強気一点張りの作戦をとってた。
そうした無茶な作戦を立案するのは、
自分が絶対に死ぬことのない、大本営や軍令部なわけだ。

その一方で、将校クラスが前線の指揮官になり、
死ぬ可能性がある時は弱気になる。
真珠湾攻撃で、すぐに第三次攻撃隊を送ろうと、
現場は進言したのにもかかわらず、南雲長官は反撃を恐れて一目散に逃げ帰った。

歴史の中で、
海軍の将校クラスは日本の勝利のチャンスを何度も逃がした。
その臆病さは呆れるばかりだ。

なぜか?
将校クラスは、海軍大学をでた超エリート。
穿ったみかたでいえば、彼らの人生目的は出世。
かに、成果を上げるかではなく、失点を無くすかが、行動原理だったのではないのか・・?
本書は慶子を通じてそう語る。

これって、現代の日本社会をも説明していませんか?
国を支えるエリートだけが、無責任なわけではない。
戦争中は、兵隊を、国の英雄と褒め称え、
終戦の途端に、やっかいものとして苛める人々。
日本人そのものが、節操も信念もない。

繰り返す。
本書は戦争の悲劇を描いた小説ではないと思う。

「祖父は戦争で死んだのではない。海軍に殺されたのよ」
そう叫ぶ、慶子に読者は共感しざるおえない。






Posted by : kitaoka | 書籍 | 14:17 | comments(0) | -
コメント









TOP