大腸内視鏡検査で辛いことは

25年ぶりに大腸内視鏡検査をすることになった。
少々汚い話で恐縮だが、便が硬くて排泄できず、指で搔き出すとベットリした指が血で染まる。
一応、念のために病院を受診したのが一週間前。

綺麗な女医さんに、肛門を弄られるのは許せるけど、担当医師は普通のオッサン。
面倒くさそうに、オッサンが私の肛門に指いれると、「あ・これ痔だね。癌じゃないよ」
これで終わり。

「でも、念のために内視鏡検査して下さい。最後に検査して25年まえだから」
「わかった、入口が癌でなくても、その奥まではわからないからね。」
こうして内視鏡検査の段取りになったが、思い起こすのは、25年前に飲まされた2箸梁臘伽浄液の苦しさ。

今回もやっぱり美味しくはないが、昔よりは改善された。
昔は、ポカリスエットに牛乳と油を混ぜたような味だったが、今回は塩水のような塩っ辛さに味は変わった。
いつまでたっても、透明な弁にならず、マックス2箸梁臘伽浄液を飲んだ。←苦しい。

病院の検査室で点滴をうちながら、待っていると・・・。
「あ・・痛い・・痛いよ〜い・・たたた」
「え、もう、ここで痛いですか?」
検査されている患者の叫びと医師の会話がここまで聞こえてくるではないか・

「痛いてば〜いたたた」
「あ・足を伸ばさないで!」と、看護士の声。
「で・・痛いてば〜。」
順番をまつ私は緊張。
25年前内視鏡検査したときは、痛くはなかった。ここは下手なのかなぁ。

やっと終了して、私はお尻に穴があいた、検査用パンツを履かされて台にのる。
「少しだけ楽になる薬うちますね」
私が記憶にあるのはそこまで、気がついたら全て終了。まるで全身麻酔されたような気分。
詳細は次回の受診で医師から聞くけど、別にこれといって異常は無い様子。

結論。
一番辛かったのは大腸洗浄剤を飲むことでした。
JUGEMテーマ:お腹の張り





 
Posted by : kitaoka | 医療問題 | 18:54 | comments(0) | -
渡辺謙の胃がん発見は、人間ドックのおかげ
妻はこの時期、確定申告で忙しくなる。
昨年、私は頚椎性骨髄症で入院したので、相当の戻りがあると期待していたものの、高額高額療養費の戻りについては差引きされると知ってガッカリしていた。←当たり前だろう!

ところが、この時期は私たち夫婦はいつも疑問に思うことがある。
「どうして人間ドックの料金は控除されないのか?」
渡辺謙さんが初期の胃がんが発見でききたのは、人間ドックのおかげで、異口同音に人間ドックの大切さを伝えている。

初期で発見できれば、生存率は上がるだけではなく、医療費も下がり、国にとってもいいことだ。
一年に一回の区や市でやっている検診もあるが、あれは主に生活習慣病の啓蒙程度に過ぎず、乳がんや胃がんなどの発見にはならない。
JUGEMテーマ:日記・一般
Posted by : kitaoka | 医療問題 | 11:21 | comments(0) | -
頚椎椎間板ヘルニアで指先が痺れて知ったこと
医師の診断によれば頚椎椎間板ヘルニアだそうだ。
今年の6月から左手の指先(小指、薬指、中指)が、突然に痺れるという症状が出始めた。
処方されたリリカもメチルバールも効かないばかりか、ますます症状は悪化して、最近では右手の中指あたりも少し痺れる。

指先が痺れるというだけで、これほど不快になるとは経験しないとわからん。
こうしてキーボードを叩いているが、ブラインドタッチが以前のように出来ない。
なにげない、書類の整理でも、紙を触れると指先にビリビリとした感じでおぼつかない。

指先のセンサーは凄いもんだと、失ってわかる。
寝床でシーツくるみ、優しい温もりも指で感じていたことも知った。今は異物に触れる不快感でしかない。
なんか不安になってくる・・。

一応、薬も、理学療法も効かない、手詰まり状態。
手術を視野にいれて医師と相談する予定だが、これで本当に改善するのだろうか・・・?

それにしても、傍目では、私は健常者だし、「いやー指先が痺れて困ってます」と、ぼやいても同情はされない。
ようは、その程度の疾患でありながら、これほど辛いのに、世の中には手足や声を失ってしまう人もいる。
それはどんなに辛い時間を乗り越えてきたのだろうか・・?

あ〜あ負けてはいられない。ショック
JUGEMテーマ:ヘルニア





 
Posted by : kitaoka | 医療問題 | 19:56 | comments(2) | -
PLDDで頚椎椎間板ヘルニア手術は高度先進医療が使えるか
JUGEMテーマ:ヘルニア

MRIの検査結果、頚椎椎間板ヘルニアと診断されちゃいました。
椎間板ヘルニアというと、腰の症状を想像しちゃいますが、手先や歩行傷害などに症状がでることもあるようです。
処方されたメコバラミンもリマプロトスやイドシンコーワゲルも効果なし。
もちろん、電気(低周波)も効果なんかあるわきゃない。
鍼もマッサージもしましたが、クソの効果もないし、お金と時間だけが無駄になりました。

こうなると、やっぱし手術を視野にいれなければならないのか・・。
もっと身体に負担の少ない手術で効果的なものはないかと調べていたらPLDDというレザー治療方法を発見。
これは、 手術の切開が極めて小さく、筋肉・骨・靭帯を切らない方法で日帰りも可能らしい。←マジびっくり

欠点は保険適応外で、治療費が100万円程度は覚悟する必要がある。
民間の高度先進医療での支払いは可能らしいのです。
医療保険なんか必要ない、貯金で充分で、保険会社が宣伝している、陽子線治療や重粒子線治療なんかで治療する確立なんか低いとほざくブラックスワンがいますが、高度先進医療はけっこう身近です
なにしろ、椎間板ヘルニア手術なんて珍しくもないし、それがPLDDによる手術が可能なら試したですよね。

ところが、注意があるのです。
高度先進医療は、厚生労働省が認めた施設でPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)が可能な病院は(石川県 金沢医科大学病院
/東京都 杏林大学医学部付属病院/岡山県 財団法人 操風会 岡山旭東病院)この三箇所しかないのがネックかも。

それにしても、指先が痺れることが、これほど辛いと思いませんでした。
脚のだるさや、筋肉の減少で歩行障害も悲しい・・。
健康寿命という言葉にツクヅクとわが身に迫る今日この頃です。

 
Posted by : kitaoka | 医療問題 | 19:25 | comments(2) | -
冷たい対応T-PECのセカンドオピニオン 客にはお勧め出来ないかも
ドキドキしながら、T-PEC(ティーペック)のセカンドオピニオンに電話しました。
で・・結果は?

正直な印象としては思ったほど親切で親身な対応はしてくれなかった。
予め自分なりに用意した伝えたい事柄や何に不安でどんな治療選択が可能なのかについても意味なさなかった。
T-PECについての代理店研修で観た、相談員と会員の会話とは全然違った。
言葉は丁寧だけど終始高飛車な感じで、一方的に質問されて、専門医の紹介されず、近所の整形外科の電話番号を教えてくれただけ。
なにそれ(怒)

そういうと、酷い話になりそうですが、私の認識が甘かったのかもしれない。
電話でのやりとりを再現します。

私 「初めて電話します。●●です。セカンドオピニオンについて電話しました。」(保険証券NOをいう)
T 「私は●●です。宜しく。」
私 (用意した経緯書を見ながら)「実は、数ヶ月前に脚に負荷を感じて、近所の整形外科に・・」遮れる
T 「どこの病院ですか?」
私「クリニックで、●●整形外科です。で、そこで椎間板ヘルニアと診断されたのですが、全然、改善・・」遮れる。
T「手術とかするのですか?」
私「いえそうではなく・・電気」遮られる
T 「椎間板ヘルニアを診断するには、MRI画像とらなければ確定できませんし、椎間板ヘルニアは椎脊の専門医になります。
  そのうえで、セカンドオピニオンにはMRI画像などの用意が必要になりますよ。」

つまり、私が受診していたクリニックは、整形外科の看板をぶら下げていても、脊椎の専門医でもない医師がMRIもない、ただのレントゲン画像で診断するのはチャンチャラおかしい。というわけですね。←確かにそうの通り。
なので、セカンドオピニオンする前に、まともなファーストオピニオンをしましょう。
と、いうオーラが電話対応でガンガンでていた。
で、結局、脊椎の専門医がいる病院とクリニックを2件紹介してくれて終了。

JUGEMテーマ:セカンドオピニオン













 
Posted by : kitaoka | 医療問題 | 18:17 | comments(0) | -
乳がん診断における経過観察とは何だろう
久ぶりに、知人女性と会い食事をした。
昨年より、なんとなく元気さがなく、心なしか痩せていた。
彼女は昨年、癌と診断されたことを私に伝えた。

乳がんで、幸いなことにステージ1で、まず大丈夫だ。
手術は無事終了して、放射線治療、抗がん剤治療も終わり、トリプルネガではないので、ホルモン療法を12月まで継続予定。
ステージ1でありながら、ここまでの治療したのは、癌細胞が若干性質の悪かったせいだ。

それにしても、発見のキッカケは彼女自身によるところが大きかった。
彼女は毎年人間ドックで検診を受けて、そのたびに、画像上指摘されるものの「経過観察」で終わっていた。
今回、たまたま癌と診断したのは、胸にしこりを感じてそれが発見に繋がった。

そう考えると、人間ドックや検診とはいい加減なもんだと思ってしまう。
そもそも「経過観察」とはなんだよ・・。

意味がわからない。
プロとしてハッキリ診断できないてのおかしくないですか(怒)

ステージ1は初期である。
しかしステージ0(上皮内癌)での発見なら、さらに安心だ。
こうした発見を「経過観察」で逃したのではないのか・・?

私は医療プロではない。
故に、とんでもない暴言を医療現場で奮闘している関係者に言っているのかもしれない。
でもやっぱり「経過観察」で患者はどう考えるかをちゃんと説明して欲しいものだ。

ちなみに癌保険はもちろん加入すみ。
癌と診断された時点で、200万円の一時金が支給されたが、古いタイプで一回しか支給はない。
癌は盲腸ではないので、一度なったら2度とガンにならないわけではないので、心配なところだ・・。

でも実際は、健康保険と高額療養費制度で殆ど負担はなく、預金通帳には200万円が手付かずに残っている。
だからといって、保険が無駄だというわけじゃない。
癌になり治療が一通り終わって、もうこれで安心だと考える人は少ない。
通帳に記載された200万円の残高は、折れそうな気分の中でも、やっぱ頼もしい。


 
JUGEMテーマ:健康


 
Posted by : kitaoka | 医療問題 | 10:57 | comments(0) | -
大橋巨泉がメットライフアリコのGuardXに加入していたら

タレントの大橋巨泉(79)が、中咽頭がんを発症し手術を受けていたことが25日、分かった。
 関係者によると、11月の初めに本人が右耳の下に腫れを見つけ、診察を受けたところ、へんとうにできた悪性腫瘍がリンパ節に転移したものだと判明したという。進行していることを示す「ステージ4」だったというが、治療が可能で、既に先週に手術を受けてがんを摘出。本人はいたって元気で、回復に向けて意欲を見せているという。今後はへんとうの腫瘍について放射線治療を受けるという。これらのことは、この日発売の週刊現代でも、本人が明かしている。巨泉は05年には胃がんの手術を受け、胃を半分程度摘出している。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ステージ4というと、普通に考えると末期癌という印象ですよね。
既にリンパに3箇所もの、転移が認められて、手術したら7箇所だった・・。

それでも、術後一日で廊下を歩く巨泉さんの姿にはビックリ。
めざましTVの小倉さんとの会談では、ゴルフに意欲を見せるあたりは流石ですね。

因みに、メットライフアリコの癌保険「ガードX」は、入院、抗がん剤、放射線、このどれかをすれば、まとまった一時金が受取れます。
従来の二年に一度の制限がなく、翌年も受取ることが出来るのがウリ。

それでは、ステージ4はどうでしょうか・・?
このステージになると、治療そのものを諦めて、緩和ケアーになるケースがあります。
ところが、ステージ4に限り、上記の治療をしなくても一時金が受取れます。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 
関連記事  メットライフアリコのガードXの勉強会に参加して






 

Posted by : kitaoka | 医療問題 | 10:13 | comments(0) | -
たけしの「セカンドオピニオンSP」を観て思ったこと
JUGEMテーマ:生命保険

昨日、たけしのTV番組で「セカンドオピニオンSP」を放送していた。
昔は、セカンドオピニオンという言葉も一般的ではないし、他の医師の意見を聞くというだけで露骨に怒りだす主治医もいたもんです。

いまや、セカンドオピニオンは一般的になってきた。
難しいのは、セカンドオピニオンに価する名医をどこでみつけるか・・・?

番組では、一向に回復しない症状に心配した息子が別の医師を探したり、
中には、家族が番組に助けを求めた例などを紹介したが、とても一般的な方法とは思えない。

厚生省の調べだと、重大疾患の患者のうち、セカンドオピニオンをしたのは、わずか30%しかなかったそうです。
セカンドオピニオンをしなかった患者のその理由が下記です。

○ セカンドオピニオンそのものを知らない。
○ 名医(専門医)を知らない。
○ 費用その他が不明。

もったいない話ですよね。

ところが、保険会社のサービスとして、契約奢に対してT-PECなどの健康に関する情報を提供していることを案外しらない。

T-PECとは、会員に24時間健康ダイヤルを設けて、健康に対する質問を医療関係者が受け、さらに、セカンドオピニオンなどの専門医の紹介もしています。
医療保険との親和性が非常に高いサービスなので、契約者はもっと関心をもっていいと思う。


http://www.t-pec.co.jp/ <- T-PEC
Posted by : kitaoka | 医療問題 | 09:51 | comments(0) | -
高血圧の何が悪いか
JUGEMテーマ:健康
  【ジュネーブ時事】世界保健機関(WHO)は27日、健康を害するリスク要因を分析した報告書を公表した。2004年時点の分析で、死に至るリスクが最も高かったのは高血圧で死者全体の12.8%を占め、喫煙(8.7%)、高血糖値(5.8%)などが続いた。
 先進国では喫煙がトップで、高血圧、肥満など心臓疾患やがんにつながる要因が上位を占めた。(時事通信)

-------------------------------------------------------------------------

先日、ブログで書いたように、私は現在、整形外科に通院中である。
そこの受付に、血圧計が置いてある。
腕を穴に入れて、スイッチを押すだけの簡単操作。
気楽な気持ちで、チェックしてみた・・・・。

下、90
上、150

慌てて、もう一度やる。深呼吸して、そっと腕を入れて、スイッチオン!

下、97.
上、157.

ますます高い。

数年前から、健康診断で、ちょっと下が高いと医師から指摘されていた。
一応、経過観察中だが、事態は変わらない、というよりも悪化。
とうとう、その日から、血圧を下げる薬を服用することになった。

高血圧の因子は、いろいろある。
私は、タバコも吸わない、酒は飲めない。
極端に味が濃いものを好むわけではない。

高血圧の半数以上は、原因不明なのだ。
これからは、肉を控えて、意識して運動をしようかと思う。
それぐらいしか、努力のしようがないのだ(涙)

--PR--

カイゲン『コレカットレモン(30缶)』【風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ】 カイゲン『コレカットレモン(30缶)』
6,300円
【アルギン酸4g配合】コレステロールが気になる。おなかの調子を整えたい。

Ads by 電脳卸
Posted by : kitaoka | 医療問題 | 15:03 | comments(0) | -
四十肩(肩関節周囲炎)は辛いのだ
JUGEMテーマ:健康
 
四十肩になって、約3ヶ月(涙)

正確には、肩関節周囲炎というらしい。
まったく回復のせずに、当初より痛みが酷くなってきた。

四十肩の症状は、腕が上がらない、外側に腕を回すと痛みが走る。
日常生活においては、
服を脱ぐ行為や、頭の後ろに手を回したり、パンツの後ろポケットから、財布がとれなくなったり、いろいろだ。

普段は無理しなければ、腕が重いだけで痛み気にならない。
寝てから、肩の根元周辺が、ズキン、ズキンという痛みで、何度も眼が覚める。
これは、辛い

横になって安静にしているほうが、痛むのだ。
1日の休みをとる大切な睡眠が思うようにとれず、夜中に何度も目が覚める。
助けてほしい。


理由はいろいろあると思う。
動かないから、腕が鬱血する。
どうやら、肩は寝ているほうが、不安定な構造なのかもしれない。
仰向けよりも、うつぶせのほうが、辛い・・。

こういうことは、じっさいになってみないとわからない。
意外なことに、専門家であると思われる、マッサージ師が知らないらしい。
私の腕をいきなりあげて、思わず悲鳴・・。
まだまだ、回復には時間がかかりそうだ。


♪送料・代引き手数料無料♪あなたの為のマッサージャー!ファイターであなたの疲れを吹き飛ばしましょう!刺激ローラーと3次元パットで、今までにないマッサージを実現。簡単操作の切替スイッチで10種類のマッサージを体感♪ [QX-1 温・拳・灸]【美と健康スタイル】 ♪送料・代引き手数料無料♪あなたの為のマ...
20,790円
あなたに合わせた新しいマッサージャー心地よい刺激でまったり♪

Ads by 電脳卸
Posted by : kitaoka | 医療問題 | 23:15 | comments(0) | -
TOP