蓮舫氏の二重国籍を庇護する声の幼稚さ

私は外国人の参政権については反対な立場です。

しかし外国人だって日本人と同じように税金納めているし、民族に拘らず外国人にも参政権を与えるべきだと主張する声もある。

このさいハッキリしておきますが、日本人という民族はいません。日本人という国籍があるのです。

なので、青い目をした日本人もいるし、褐色の肌をした日本人もいて、彼ら彼女は出身地(民族)に関係なく、参政権があります。

ある意味、国籍だけが主権の砦でというわけなんですね。 ながいフリになりますが、私は蓮舫氏の二重国籍問題を巡る騒ぎを憂鬱な気分でみています。

これって、大変な問題で、日本人でもあり台湾人でもある人が、日本の政治家をし、過去に大臣の要職までついたことになります。

それを、日本人でもあるのだから、問題ないとする仰天発言や、挙句に二重国籍を問題視する人をレイシスト、差別主義者とレッテルをはる、いわいる悪魔化でねじ伏せようとする手口にはウンザリ。

白状すると、私は蓮舫氏にこの問題については同情している。 彼女はある意思をもって二重国籍にしているわけではない(と思う)。

手続きのミスで、その点については脇が甘かったわけで素直に謝罪すればいいと思える。 それを鬼の首でもとったよな騒ぎ非難するのではなく、これを機会に国籍と主権を考える機会にすればいいと思う。

 

JUGEMテーマ:ニュース

Posted by : kitaoka | 政治社会を考えた | 09:50 | comments(3) | -
鳥越俊太郎はやっぱりニュースを読むだけの人

真偽はわからない。

もしかして都市伝説の類かもしれないが、最近、入社面接で「貴方は幽霊をみたことありますか?」と、思わず首をかしげる不思議質問がされると言う・・・。


もしも貴方が、ブログやツイッターしていたら、思わず投稿したくなりますよね。

これこそが面接官の狙いで、貴方のツイッターやブログを検索しやすくなるための不思議質問だった(笑)

面接官は面接時のよそ行きの意見より、常日頃投稿しているブログやツイッターにこそ、その人柄や思想でると考えているようです。


長い前振りでスミマセン。

私は東京都知事選に出馬した鳥越俊太郎氏について言っているのだ。

呆れることに、舛添問題の発端となった都立市ヶ谷商業跡地の韓国人学校増設問題に対する質問に、彼は「具体的に知りません」と答えたのである。

市ヶ谷商業跡地の韓国人学校増設問題と待機児童、待機老人問題とリンクする重要な都政としての課題なのに、鳥越氏は、その問題を知らないという。


彼は「知らない」「今後考える」の連発で、これでは有権者はどうやって選べというのだろうか。

彼の口から出るのは、都政とは関係ない安倍政権批判ばかりで、線香花火にように消えた、タレントの石田純一氏と五十歩。

挙句に「ガン検診100%」防災促進として「枕元に防災グッズ」には開いたときには開いた口が塞がらない。


そこで冒頭の「不思議質問」に戻るのだが・・・。

誰かに担がれる候補者ではなく、志のある人こそが出馬して欲しい。

その証として、立候補する人は、最低でも一年前くらいから都政についてのブログ書くのが条件としたらどうだろうか?

突然に党が「この人を都知事にしてよ」と、言われても有権者はわからない。

 



JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

Posted by : kitaoka | 政治社会を考えた | 09:12 | comments(0) | -
非核宣言という壮大な茶番

原爆投下は戦争終結に必要で謝罪の必要なしと、叫ぶアメリカ国内世論があるなか、オバマはヒロシマ訪問をした。
ヒロシマ訪問は、非核宣言とセットすることでより説得力が発信できるからだろう。

これは偽善だ。
国際社会を舞台にした壮大な偽善だ。
出来ないことを出来るというのは偽善だ。
非核を今すぐ出来るのは、実際に核を保有している国であり、保有していな国にとっては関係のない。
保有国の筆頭がアメリカ、ロシア、中国、フランス、イギリスだ。

そのアメリカが、非核宣言とはチャンチャラおかしくて、ヤクザが麻薬撲滅宣言するようなもん。
日本だって、アメリカの核の傘に入り安全保障されているのは周知の事実。
そりゃそうだ。
隣国には、北朝鮮、尖閣及び南シナ海を我が物しようとする中国と、それによりそう蝙蝠国家韓国。
総じてイカレタ連中に付き合わざる負えない日本はアメリカと同盟して核の傘に入るのは当然だ。

核使用は絶対悪であることは国際社会の認めるところだが、核廃絶なんかで出来るわけがない。
みん〜〜〜な知っているのに、非核宣言・・これを茶番という。

JUGEMテーマ:反戦・非戦



 
Posted by : kitaoka | 政治社会を考えた | 09:23 | comments(0) | -
慰安婦を売春婦となぜ言えない


2015年も終わろうとしているこの最中に最悪のニュースが飛び込んできた。
私はいわゆる慰安婦問題の解決をめぐる合意である。

いうのも面倒だけど、阿鼻叫喚の強制連行は吉田の与太話で、それを広めた朝日新聞も認めている。
あるのは、古今東西ある売春施設で慰安婦は売春婦。(それが基本事実)
彼女たちは、その都度お金を貰っていたわけで、それに加えて償い金の請求が意味不明。

驚いたのは、日本は「反省とお詫び」を朴大統領に表明して責任を認めちゃった。
これは、どんな言い訳をしようが、国際社会は日本の強制連行を認めたと思われてもしょうがない。
安部首相のバカチンは、「これによって次世代の子供たちに謝罪はさせない」みたいな発言をしているが、そもそも私たちの祖先は韓国に謝罪するようなことはしていない。(キッパリ)

じゃ〜どうする。いわいる慰安婦問題は解決しないことこそが解決。
尖閣諸島をめぐる領土問題と同じで、
日本側が解決を打診するということは、中国に譲歩する用意がある。--ということ。
絶対に解決できるという自信があればあるほど、日本側の譲歩が大きいことを意味しているわけでしょう。

慰安婦問題もそれと一緒。
岸田外相が自信満々に慰安婦問題の解決の命を受けてソウルに向かったときから、嫌な予感はしていた。
韓国側の譲歩とは、嫌がらせの像を撤去するというだけの話。正直それすらも怪しい。
もう慰安婦問題は口にしません!政権が変わればコロリと変わるのはいつものこと。

日本政府がやることは、視点を韓国ではなく、国際社会に向けて正しい情報を発信すること。
世の中には、一方の話だけを聞いて沙汰するもんです。

JUGEMテーマ:ニュース


 
Posted by : kitaoka | 政治社会を考えた | 11:29 | comments(0) | -
高須クリニック偏向番組にNO!「報ステ」からスポーンサーを辞める
高須クリニックが、報ステのあまりにも酷い偏向報道に嫌気がさして、スポンサーを降りるとツィートしたそうですね。
思わず「YES 高須クリニック!」と、私もツィート返信したくなりました。(笑)

私はテレビ朝日の「報道ステーション」もTBS「サンデーモーニング」も観ていない。
偏向は久米宏から伝統芸ですので、いつもの正常運転で驚くに値しない。
高須クリニックもそんなことは知っていたはずだが、流石に腹に据えかねたか。

こんな馬鹿騒ぎは20年前のPKOの反対も同じで、デモのプラカードも使いまわしじゃないかと思えるぐらいソックリ。
やがて、野党のいうところの「戦争になるぞ!」「徴兵制度復活だ」は狼少年となった。

その時、黒柳哲子の対談番組に出演した久米宏の言い草が酷い。
「私は念ために、テープをチェックしましたが、PKOを反対と言ったことは一度もない。
ただ、あんな形で決められてしまったことがいいのでしょうか・・?と、言いたかった。」

私が久米宏に限らず、世に言うコメンティターなる人を信じなくなった瞬間だった。

今回の安保法案反対も、20年後、いや、10年後に、古館はなんとコメントするだろうか・・?
それとも、ダイエットサプリのCMの如く「これは個人の感想です」とコメントするかも。

古館や関口宏のご意見も否定はしない。民主主義国家としての必要経費と割り切ろう。
ただし、国民は政治家の言動をチェックするように、あの時に、言論人やマスコミや、ときには芸能人が、なんと言ったかを忘れちゃいけない。
彼らの言動は、世の中の影響力が大きいだけに、その責任はあるはずだ・・・。

JUGEMテーマ:マスコミ・報道
Posted by : kitaoka | 政治社会を考えた | 10:02 | comments(0) | -
安全法案の強行採決は野党の理解不足が原因



AKBの握手会に集まったフアンで秋葉原が人で溢れかえっても、やっぱそれは国民の一部。
私は国会周辺におしかけ、安保法案反対と叫ぶ人々を言っている。
「見ろ!あの群集が国民の声だ」と、論調する声もあるが、それは違うだろうと、ツッコミたくもなる。

因みに、「デモ」はデモクラシーのデモではなく、デモンストレーションのデモなのだ。
道路を練り歩き自分たちの主張をアッピールする政治参加のひとつ。
国会周辺に大挙して押しかけ、許可もとらず、叫ぶ人たちは、もはやデモとはいえない。
武器こそもっていないが、誰がどうみたって、数にものを言わせた恫喝であり暴力にみえちゃう。

一方、数にものを言わせて強行採決したのは、自民だと叫ぶ野党や民主党たち。
数は数でも、こちらは選挙で選ばれた結果で、何が何でも廃案にしたいなら次の選挙で勝てばいいだけ。
それを、どんな手段をもってしても廃案すると気炎を吐く民主党の岡田代表。
その次の一手が、女性を盾にして「セクハラー」と叫ぶやり口は、もはやコントじゃん。

白状すると、憲法9条も、今度の安全法案の是非については、よくわからない。
私のザックリとした、判断は防衛に関して、中国やロシアが反対するものは、日本にとって概ねよい選択だと考えちゃう。
かなりいい加減な判断基準だと自分でも思う。

その上で反対する側の声を参考にするが、残念ながら聴こえてくるのは、「戦争反対!」「徴兵制復活だ!」
などの感情論。どんなに耳をすませても、野党からの代案は聴こえてこない。


JUGEMテーマ:国防・軍事











 
Posted by : kitaoka | 政治社会を考えた | 11:09 | comments(0) | -
安保法案反対の馬鹿騒ぎ
この世の終わりかと思えるような反対の嵐・・。
安保法案をめぐるマスコミの論調や扱いが公平とは思えない印象だ。

そんななか、タレントのつるの剛士が「安保法案に賛成の意見も聞きたいな」と、ツイッターすれば、非難の嵐で炎上とは驚き。
日ごろ、彼らが叫ぶ、表現の自由や民主主義の精神はどこえやら・・。

しかし、私は思う。
PKOを戦争のみちだと大騒ぎしていたのは今は昔。
ちょっと前まで騒いでいた秘密法案の反対騒ぎもどこえやら。
反対意見も結構だが、野党は代案をだして国民に問えばいいだけだ。

ちなみに、日本の安保法案に対して世界はどうみているかをまとめてみました。


カナダ ◎積極的な貢献を支持
米国  ◎日米同盟を効果的
インドネシア ○ 地域の安定にプラス
フィリピン ○ メリットだ
ベトナム ○ 貢献を期待
コロンビア ○ 支持します。
ブラジル ◎ 重要な役割を果たして欲しい
メキシコ ○ 国際平和の貢献を支持
オーストラリア ◎ 歓迎
ニュージーランド ○ 支持します。
モンゴル ○ 理解

中国 × 平和発展の道を変えるとの疑問をもたざる負えない。
韓国 △ 地域の平和と安定を害さない方向で進まねばならない。
Posted by : kitaoka | 政治社会を考えた | 09:02 | comments(0) | -
大阪都構想市民はNO!


大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長が推進してきた「大阪都構想」は17日、市民による住民投票で、1万票余りの僅差で反対が賛成を上回った。同日深夜から市内のホテルで約200人の記者団を前に会見した橋下氏は深々と頭を下げ、「こういう結論になったが、政治家冥利(みょうり)に尽きる活動をやらせてもらい、本当にありがとうと市民に言いたい」と強調。「政治家は僕の人生からは終了」などと述べ、時折笑みを見せつつ、さばさばした表情で政界引退を明言した。

------------------------------------------------------------------------------------------

変化を好まない市民が多かった、ということでしょうか。
大阪都構想については、あまり関心がないのですが、橋下氏が政界から引退するのは残念。
政治家は多いですが、本当の政治家は少なくて、殆どは「政治要員」か「運動家」というところ。
彼は数少ない政治家のひとりだと思ってます。

大阪都構想について、これで終わりではなく、人間いるところにはいますから、本当に必要であれば、橋下氏が蒔いた種を刈り取る人がいずれ現れるのでは・・?
引退後は弁護士に戻るそうですが、バラエティでの出演も可能ですから、TVや雑誌で活躍できる。
ここらへんが、才能がない私からすれば、羨ましい限りですね。

JUGEMテーマ:ニュース




 
Posted by : kitaoka | 政治社会を考えた | 09:29 | comments(0) | -
阿鼻叫喚の強制連行の最中に朝鮮人は何をしていたの
ゆわいる慰安婦問題で日本軍による強制連行の捏造記事で朝日が散々叩かれています。
当然と言えば当然ですが、この期に及んで、広義においての強制あったとか、イマイチ反省していないようです。
朝日人の面目躍如というところでしょうか(苦笑)

それにしても、呆れるのは韓国人です。
私が韓国人だったら、恥ずかしくてしょうがないです。
だって、20万人もの朝鮮女性がレイプ目的で連衡されたときに、男は何をしていたんだ。--という事になりませんか?
阿鼻叫喚の最中に黙って指をくわえて見ていたわけだ。

事実だったらそんなわけがない。何から何まで滅茶苦茶な話でした。
 

JUGEMテーマ:ニュース




 
Posted by : kitaoka | 政治社会を考えた | 17:50 | comments(0) | -
ベネッセ情報漏洩賠償金に200億円!それは犯罪者にヒントを与える
ベネッサの個人情報漏洩事件をうけ、TOPは自らを加害者と断じて、顧客への賠償金200億円の原資を用意したと会見した。
もう本当に馬鹿じゃないかと思う。

これは名簿会社への転売というセコイ犯罪ではなく、漏洩元の企業への恐喝材料として犯罪者にヒントを与えた。
概ねこの種の犯罪は、派遣社員の出来心がキッカケだが、これだけの巨額な金が動くとなれば、大掛かりな犯罪集団と緻密な計画による犯罪がおきてもおかしくない。少なくとも、そういうモチベーションを犯罪者に与えた。

とにかく報道がおかしい。
被害者はあきらかにベネッセだ。加害者は逮捕された派遣社員のSEだ。
マスコミは個人情報保護法を煽り、あたかもユーズが被害者と報道し、顧客もその気になって怒っている。
ベネッセは、顧客への賠償金として200億円の原資を用意するのではなく、漏洩されないシステム作りに利用するのが先決。
JUGEMテーマ:ニュース



 
Posted by : kitaoka | 政治社会を考えた | 20:17 | comments(0) | -
TOP